2013年10月29日火曜日

Windows8.1でチーミング

このエントリーをはてなブックマークに追加
お久しぶりです、またBlog放置を気味に・・・すみません。Windows 8.1を導入しましたが、見た目が全然変わらなくて何とも斜め↑って感じですね。スタートボタンも復活したのは良いですが、使えないスタートボタンだし・・・何より痛かったのが今回の本題です。

Intel Gigabit CT Desktop Adapter [ EXPI9301CT ] が使えない!(涙目)



って事です。他にもCT Desktop含む82574, 82575, 82576, 82583, EF/ET Serverが全滅で( 詳細は Is my Intel Ethernet Adapter supported in Microsoft Windows 8.1 ) 最新のIntel PRO Network Connections LAN Driver 18.7を通常インストールしようとしてもエラーが出て・・・出来ません。OS標準のドライバーは利用できるものの単純にシングルチャンネル(要するに1ポートのみ)の環境での運用であれば問題なりませんが、Intel PROSet が使えない以上、複数のボートを使ってのチーミング(ロードバランサー等)は利用できません。

そもそもWindows 8.1 はNetwork Driver Interface Specification (NDIS)が6.4となり、Windows Server 2012 R2と同格なので、理論的にはOS標準ドライバでチーミングがサポートされてますがOSの位置づけとしてクライアントOSの故に設定することが出来ないようです。(当然ながらWindows Server 2012 R2では設定可能)結果、話は元に戻り各ベンダーが出しているチーミングソフト(Intel PROSetなど)が利用できないと性能低下してしまいゴミ同然になります。

Intel Gigabit CT Desktop Adapter(Intel 82574L 系)は以下の方法により強引にドライバーを当てると使えるようになります。Intel PRO Network Connections LAN Driver 18.3のCDからWindows 8.1 64Bit版は \PRO1000\Winx64\NDIS63のe1q63x64.infを、32Bit版は \PRO1000\Winx32\NDIS63のe1q6332.inf手動でドライバーのみ更新し、その後にNetwork Adapter Driver for Windows 8 (18.7)より通常にするとIntel PROSetもインストールできるようになります。(関連参考 イーサネット・アダプター用ドライバーおよびソフトウェアのバージョン番号一覧 )



確かに発売してから CT Desktop Adapterの息は長く、こんなに長く使えるのは珍しくWindows 8.1でも共に使おう、というのバカなのかも?知れません。そろそろ次世代LANカードの切り替えろ!!って事ですかね。最新のIntel Z87 等搭載の高級パソコンにはオンボードでLAN自体がIntel i210 / i217 等の物が搭載されており、マザーボードさえ変えなければ問題ないのですが、旧型のパソコンでは新たに増設するしか方法はありません。


っで、ここからは以前書いた記事と重複してしまいますが・・・・


選択肢はIntel i210-T1 / i350-T2i350-T4 ) / X540-T2 のどれ?を買うだけで至って簡単です。Intel 以外にBroadcomやRealtekの物がありますが、性能や流通量から考えると事実上Intel一点買になります。個々の違いは簡単に書くと以下になります。

・「 T1 」「 T2 」はLANの穴が1つまたは2つあるもので、旧来のOSではロードバランサー、Windows 8.0 以降で仮想化し別のOSも使うのであれば「 T2 」をお勧めします。

・「 i210 」 と 「 i350 」は従来通りのGigabit(1000BASE-T)ですが、次世代を考えるのであれば「 X540 」もありです。こちらは10G bitなので単純計算で10倍速いですがHUB等も買い直しなので酷くお金が掛ります。

そして一番のネックは流通の問題で何故か日本では消極的でamazon.co.jpでも滅多に見かけません(i350-T2 / X540-T2はあった)。海外のamazon.co.uk(イギリス)では普通に流通して普通に買えるのですがね。なので個人輸入が必須になり少しハードルが高くなります。

いちを↑に個々のリンクを貼っておきますので良ければどーぞ。


■11月9日追加 かなり内容を差替えました。



関連する記事

Intel Ethernet Server Adapter I350-T2 相当

i340-T2 : 見分けが付かない

i350-T2 : 我慢出来ず買っちまった

Gomez PEER : 差が出るドライバー


参考になったサイト

Windows8.1でチーミングする場合のNIC探し

Windows8.1でインターネット回線高速化の方法、DNS変更は速くならない?



0 件のコメント:

コメントを投稿